*

COHO DataStream のCinder連携

公開日: 最終更新日:2017/08/08  |  By  |  Cloud, OpenStack

OpenStack Cinder のストレージバックエンドとしてはCephが採用されているケースが多く、このブログでも紹介していますが、運用負荷やラック/サーバ台数の制限などから、アプライアンスストレージが適する場面も多いと思います。
今回、NFS接続が可能なアプライアンスストレージCOHO DataStream を評価する機会を得ましたので、OpenStack Cinder バックエンドとして接続し、いろいろな機能を試してみました。

  • COHO DataStreamとは
    仮想環境に特化したストレージソリューションです。高速IO、高いスケーラビリティと耐障害性、運用負荷の軽減を実現する製品と紹介されています。詳細は代理店さんの紹介ページを参照ください。
  • セットアップ/設定
    COHOはNFSストレージです。
    セットアップは非常に簡単でした。大まかに言うとCOHO自体の管理IP,接続IPを設定し、NFSのエクスポートを設定するのみでした。

    img-000029

    ネットワークの設定

    img-000030

    エクスポートの作成

    逆に難しい設定をしたい場合には物足りなささえ感じるかもしれません。

  • Juju でデプロイしたOpenStack環境での利用
    • nfs-common パッケージのインストール
      COHOが公開しているアーキテクチャ図を見て分るとおり、ComputeノードとCinder Volume ノードはCOHOストレージをNFSマウントします。
      そのため、この二つのノードへは nfs-common パッケージがインストールされている必要がありました。
    • cinder applicationの物理サーバへのデプロイ
      また、同様の理由により cinder アプリケーションは lxd ノードではなく物理サーバにデプロイする必要がありました。
      ※ lxd コンテナからはnfsマウントができないため
  • OpenStack Cinder バックエンドとしての接続設定
    手順は OpenStackのDocumentとして公開されており、非常に簡単です。Driver もUpstreamにマージされています。Github上のCinderDriverを見てみると、基本はNFSDriverを継承しており、Driverのつくりも非常にシンプルに見えます。
  • パフォーマンス
    紹介ページでは180KIOPSを実現しているとあります。パフォーマンス計測の結果を簡単に紹介します。
    結論から言うと、Cephでは出しにくいWriteのパフォーマンスが簡単にでるので、Writeが必要な場合は一考の余地があるのではないかと思います。

    • fio での測定結果(VM60台による 8kデータ へのIOPS測定結果(合計))
      OpenStackコンピュートホスト2台上に60台のVMを用意し、8k サイズのデータで 4パターンの負荷を掛けました。
      Read/Write 共に数万IOPSが出ていることが簡単に確認できました。
      ※これは限界値ではありません。ホストの台数を増やせばもっとIOが出ることと思います。coho_iops
    • COHO側のGUIでの確認
      COHOではWebインタフェース上でストレージの状態を確認できます。上記の計測を行った時のグラフをWeb上で確認すると以下のような結果でした。
      ※上記の計測は4パターンを連続して行うスクリプトを各VMで同時に実行開始した結果です。各VMの実行タイミングのずれにより
      ストレージ側ではread / writeが同時に発生していたようです。
      coho_iops_web

 

  • その他の機能について
    • VM単位でのIOの確認
      OpenStack の Adminアカウントの情報を設定してやると、VM毎の情報を確認することが出来ます。設定はこのような画面から行います。
      OpenStackのほかにVMwareが選択できます。(そちらの事例の方が多いそうです。)
      coho_virtualization_management
      上記の設定を行うことにより以下のような画面でVM側の状態を確認することが出来ます。
      coho_pervm
    • Cinder QOS
      OpenStackのDocumentをみると QOSにも既に対応されています。
    • API
      APIもあるという事でしたが、今回は時間が取れずAPIでの操作は確認できませんでした。
    • 耐障害性
      もちろんディスクやシャーシ単位で冗長構成になっているので、故障発生時にデータが失われることはありません。
      今回試した環境では、ディスク除去時などにIOへの影響もほぼ感じられませんでした。物理の状況も以下のような画面で確認できます。
      img-000021

私はこれまでCephの利用方法、運用方法を検証、実用してきましたが、やはり運用負荷がかかるという点は否めません。
ストレージに特別手間を掛けられないような状況ではこのようなアプライアンスストレージを利用するというのもよいと思います。

関連記事

tokyo2

OpenStack Summit in Paris (Day2)

by Ikuo Kumagai (@kumagai19o) 引き続き、OpenStack Su

記事を読む

docker_all

OpenStack Summit in Paris (Day3)

by Ikuo Kumagai (@kumagai19o) 少し遅れましたがOpenStack S

記事を読む

summittokyo

OpenStack Summit Tokyoのセッションへの投票をお願いします。

OpenStack Summit Tokyo のセッションへの投票が行われています。 弊研究所でも

記事を読む

no image

Swiftの概要 ~ Swiftによるオブジェクトストレージシステムの構築(1)

(Swift関連の記事の一覧はこちらをご覧ください)はじめまして、山縣と申します。私はビットアイル総

記事を読む

no image

サーバ1台でのクラスタの構築 ~ Swiftによるオブジェクトストレージシステムの構築(2)

by yamagata 2013/1/21(Swift関連の記事の一覧はこちらをご覧ください)(1/

記事を読む

summit_top

OpenStack Summit Vancouver Summary

5/18~5/22に開催されたOpenStack Summit Vancouver に参加してきまし

記事を読む

no image

OpenStack DBaas (Trove) を動かした話

本記事はOpenStack Advent Calendar 2015 12/17 のエントリー記事で

記事を読む

01.all

CentOS7 RDO Juno with Ceph

ご無沙汰しています。 先日のブログではCentOS7/RDOで OpenStack Juno環境を

記事を読む

ODT2015logo

OpenStack Days Tokyo 2015

来る2月3日,4日にはOpenStack Days Tokyo 2015が開催されます。 日本国内

記事を読む

top

OpenStack API でSoftLayerを操作する “Jumpgate”

by Ikuo Kumagai (@kumagai19o) この記事はAdvent Calen

記事を読む

no image

ビットアイル総合研究所は、クラウド技術に関する調査&研究を通して、社会と会社に寄与していくことを目的に、ビットアイル・エクイニクスの企業内研究所として2011年8月に設立されました。

openstack-figure1-2x
COHO DataStream のCinder連携

OpenStack Cinder のストレージバックエンドとしてはCe

blog-ocata
Jujuで Ocataを含む様々なバージョンのOpenStack をデプロイする方法

祝OpenStack Ocata リリース!! ということで、早速デプ

newton
Juju Manual Cloud で OpenStack 環境構築

本当にご無沙汰しております。 この投稿はOpenStack Adve

top
HACK! THE Juju/MAAS

6/8~6/10まで幕張メッセで開催されたInterop 2016。皆

dpdk
OpenStack OVS VXLAN ネットワークの高速化

少し前の話になりますが、3月2日に開催された 日本仮想化技術株式会社様

→もっと見る

PAGE TOP ↑