*

Jujuで Ocataを含む様々なバージョンのOpenStack をデプロイする方法

公開日:  |  By  |  Juju, OpenStack, OSS

祝OpenStack Ocata リリース!! ということで、早速デプロイして触ってみたいです。 前回 Jujuを使って SSH 接続可能なサーバーにOpenStackをデプロイしましたので、 今回は、同じようにJujuを使ってOpenStack Ocataのデプロイを試してみたいと思います。 前回使用したbundle に少し手を加えて ocata releaes 用に編集したものがこちら

services:
  # OpenStack
  mysql:
    charm: cs:mysql
    options:
      max-connections: 1000
  rabbitmq-server:
    charm: cs:rabbitmq-server
  keystone:
    charm: cs:keystone
    openstack-origin: cloud:xenial-ocata
    options:
      admin-role: admin
      admin-password: admin123
  openstack-dashboard:
    charm: cs:openstack-dashboard
    openstack-origin: cloud:xenial-ocata
  nova-cloud-controller:
    charm: cs:nova-cloud-controller
    openstack-origin: cloud:xenial-ocata
    options:
      network-manager: Neutron
  glance:
    charm: cs:glance
    openstack-origin: cloud:xenial-ocata
  neutron-api:
    charm: cs:neutron-api
    openstack-origin: cloud:xenial-ocata
  nova-compute:
    charm: cs:nova-compute
    openstack-origin: cloud:xenial-ocata
  neutron-openvswitch:
    charm: cs:neutron-openvswitch
    
relations:
  # OpenStack
  - [ keystone, mysql ]
  - [ glance, mysql ]
  - [ glance, keystone ]
  - [ openstack-dashboard, keystone ]
  - [ nova-cloud-controller, mysql ]
  - [ nova-cloud-controller, rabbitmq-server ]
  - [ nova-cloud-controller, keystone ]
  - [ nova-cloud-controller, glance ]
  - [ neutron-api, mysql ]
  - [ neutron-api, rabbitmq-server ]
  - [ neutron-api, nova-cloud-controller ]
  - [ neutron-api, keystone ]
  - [ "nova-compute:shared-db", "mysql:shared-db" ]
  - [ "nova-compute:amqp", "rabbitmq-server:amqp" ]
  - [ nova-compute, glance ]
  - [ nova-compute, nova-cloud-controller ]
  - [ neutron-openvswitch, nova-compute ]
  - [ neutron-openvswitch, neutron-api ]
  - [ neutron-openvswitch, rabbitmq-server ]
見比べていただけばわかりますが、各OpenStack charm のパラメータに openstack-origin: xenial-ocata の記載を追加しただけとなっています。Ubuntu Cloud ArchiveなどのパッケージリポジトリからOpenStackコンポーネントをインストールする場合、このパラメータの値を変更することで、好みのバージョンをインストールすることができます。

openstack-originに指定できる値

ここに指定できる値にはいくつかのフォーマットがあります。ここでは簡単に記法を紹介したいと思います。

  1. Ubuntu Cloud Archive から指定する場合 charm の説明に記載してある通り、ubuntuのバージョンとopenstackのバージョンを指定します。 フォーマット: cloud:<series>-<openstack-release> 例) cloud:xenial-newton cloud:trusty-mitaka ※ 末尾に -updates / -staging /-proposal を追加することで開発中のそれぞれのステータスのパッケージも指定できます。
  2. PPA(Personal Package Archive )を指定する場合 リポジトリが PPAとして配布されていれば、それも指定することが可能です。 例) ppa:ubuntu-cloud-archive/mitaka-staging フォーマット: cloud:<series>-<openstack-release>
  3. PPA以外のdeb パッケージリポジトリを指定する場合 aptのsources.list に追加する文字列とパッケージリポジトリのkey を”|” でつなげて記載することもできます。 これを使ってローカルリポジトリを指定することが可能となります。 例) deb http://ppa.launchpad.net/ubuntu-cloud-archive/ocata-staging/ubuntu xenial main|9F68104E

指定できる値については charm の説明にも書いてありますので、参照してください。 (3については記載がありませんが、筆者の環境で確認しました。) https://jujucharms.com/nova-cloud-controller/#charm-config-openstack-origin   他にgitから指定する方法もありますが、今日はここまで。 ということで、お手軽ですので皆さんもocata 環境をデプロイしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

no image

サーバ1台でのクラスタの構築 ~ Swiftによるオブジェクトストレージシステムの構築(2)

by yamagata 2013/1/21(Swift関連の記事の一覧はこちらをご覧ください)(1/

記事を読む

no image

Swift 1.11.0 CHANGELOG の翻訳

by You Yamagata 2013.1.23(Swift関連の記事の一覧は インデッ

記事を読む

dpdk

OpenStack OVS VXLAN ネットワークの高速化

少し前の話になりますが、3月2日に開催された 日本仮想化技術株式会社様の OpenStack最新情報

記事を読む

no image

Swift 1.12.0 CHANGELOG の翻訳

by You Yamagata 2013.02.04ビットアイル総研の山縣です。Swift の ve

記事を読む

IMG_0870

OpenStack Summit San Diegoに参加しています

by hasegawa 2012/10/16ビットアイル総研の長谷川です。10月15日(月)〜18日

記事を読む

top

HACK! THE Juju/MAAS

6/8~6/10まで幕張メッセで開催されたInterop 2016。皆さん参加されましたでしょうか。

記事を読む

docker_all

OpenStack Summit in Paris (Day3)

by Ikuo Kumagai (@kumagai19o) 少し遅れましたがOpenStack S

記事を読む

summit_top

OpenStack Summit Vancouver Summary

5/18~5/22に開催されたOpenStack Summit Vancouver に参加してきまし

記事を読む

day2_3

OpenStack Upstream Training in Paris 参加報告

by Ikuo Kumagai (@kumagai19o) Bonjuor. またご無沙汰して

記事を読む

ODT2015logo

OpenStack Days Tokyo 2015

来る2月3日,4日にはOpenStack Days Tokyo 2015が開催されます。 日本国内

記事を読む

no image

ビットアイル総合研究所は、クラウド技術に関する調査&研究を通して、社会と会社に寄与していくことを目的に、ビットアイル・エクイニクスの企業内研究所として2011年8月に設立されました。

openstack-figure1-2x
COHO DataStream のCinder連携

OpenStack Cinder のストレージバックエンドとしてはCe

blog-ocata
Jujuで Ocataを含む様々なバージョンのOpenStack をデプロイする方法

祝OpenStack Ocata リリース!! ということで、早速デプ

newton
Juju Manual Cloud で OpenStack 環境構築

本当にご無沙汰しております。 この投稿はOpenStack Adve

top
HACK! THE Juju/MAAS

6/8~6/10まで幕張メッセで開催されたInterop 2016。皆

dpdk
OpenStack OVS VXLAN ネットワークの高速化

少し前の話になりますが、3月2日に開催された 日本仮想化技術株式会社様

→もっと見る

PAGE TOP ↑