*

OpenStack DBaas (Trove) を動かした話

公開日: 最終更新日:2015/12/16  |  By  |  OpenStack, Trove

本記事はOpenStack Advent Calendar 2015 12/17 のエントリー記事です。

さて皆様、OpenStackにTroveという DBaas のプロジェクトがあるのをご存知でしょうか。今日はこのTroveの基本アーキテクチャ、何が出来るか、そして構築のポイントを纏めたスライドを公開します。※環境は若干古くJuno版で検証した際の結果になります。

 


 

なお、このスライドは本ブログのいつものエントリーのように手順の詳細を示したものではありませんが、Troveの外部環境(Host側)が動作するだけの環境であればRDOのAll-in-one 構築で、CONFIG_TROVE_INSTALL=y を指定するだけで構築可能です。(※Juno/Kilo検証時)

スライド中にもありますが、Trove環境構築の肝はイメージ作成にあります。皆様の健闘を祈ります。

 

関連記事

DSC_000001_opening

OpenStack Summit Tokyo

ついにOpenStack Summit が 10/27-30 に東京で開催されました。 弊研究

記事を読む

welcome

OpenStack Summit in Paris (Day1)

by Ikuo Kumagai (@kumagai19o)   こんに

記事を読む

docker_all

OpenStack Summit in Paris (Day3)

by Ikuo Kumagai (@kumagai19o) 少し遅れましたがOpenStack S

記事を読む

no image

Keystone認証の利用 ~ Swiftによるオブジェクトストレージシステムの構築(9)

by You Yamagata 2013.05.13 (Last updated 2013

記事を読む

no image

Swiftの概要 ~ Swiftによるオブジェクトストレージシステムの構築(1)

(Swift関連の記事の一覧はこちらをご覧ください)はじめまして、山縣と申します。私はビットアイル総

記事を読む

oss_on_slshowcase

CentOS 6 から7へのアップグレード

この記事は OSS on SoftLayer Showcase  の OpenStack Juno

記事を読む

no image

Nova Availability Zone と Cinder Availability Zone

OpenStack 担当 石川です。 実際に自分が使うか使わないかは置いておき、気になったオプ

記事を読む

no image

INDEX: OpenStack Swift

by You Yamagata 2014.4.15Swiftによるオブジェクトストレージシステムの構

記事を読む

summittokyo

OpenStack Summit Tokyoのセッションへの投票をお願いします。

OpenStack Summit Tokyo のセッションへの投票が行われています。 弊研究所でも

記事を読む

openstack-figure1-2x

COHO DataStream のCinder連携

OpenStack Cinder のストレージバックエンドとしてはCephが採用されているケースが多

記事を読む

no image

ビットアイル総合研究所は、クラウド技術に関する調査&研究を通して、社会と会社に寄与していくことを目的に、ビットアイル・エクイニクスの企業内研究所として2011年8月に設立されました。

openstack-figure1-2x
COHO DataStream のCinder連携

OpenStack Cinder のストレージバックエンドとしてはCe

blog-ocata
Jujuで Ocataを含む様々なバージョンのOpenStack をデプロイする方法

祝OpenStack Ocata リリース!! ということで、早速デプ

newton
Juju Manual Cloud で OpenStack 環境構築

本当にご無沙汰しております。 この投稿はOpenStack Adve

top
HACK! THE Juju/MAAS

6/8~6/10まで幕張メッセで開催されたInterop 2016。皆

dpdk
OpenStack OVS VXLAN ネットワークの高速化

少し前の話になりますが、3月2日に開催された 日本仮想化技術株式会社様

→もっと見る

PAGE TOP ↑