*

CLIによるSwiftへのアクセス(後編) ~ Swiftによるオブジェクトストレージシステムの構築(4)

公開日: 最終更新日:2014/07/23  |  By  |  Object Storage, OpenStack, Swift

by yamagata 2013/2/7

(Swift関連の記事の一覧はこちらをご覧ください)

前回の swift CLI についての説明の続きとなります。

5. postコマンド

> swift post [options] [container] [object]
   -m Key:Value , –meta=KeyValue
   -r READ_ACL, –read-acl=READ_ACL
   -w WRITE_ACL, –write-acl=WRITE_ACL
   -t SYNC_TO, –sync-to=SYNC_TO
   -k SYNC_KEY, –sync-key=SYNC_KEY
post コマンドはメタデータの登録を行います。
メタデータはアカウント、コンテナ、オブジェクトのそれぞれに設定でき、キー・バリューの形で
複数登録可能です。

> swift post -m key1:hogehoge  -m key2:fugafuga
> swift stat
Account: AUTH_test
Containers: 5
Objects: 13
Bytes: 10404
Meta Key1: hogehoge
Meta Key2: fugafuga

Accept-Ranges: bytes
X-Timestamp: 1358492197.05102

上記はアカウントに対して key1 というキーに “hogehoge” という値を key2 に “fugafuga” という値を設定しています。キーは case-insensitive (大文字・小文字の区別無し)です。
メタデータを削除する場合は値を空にします。

> swift post -m key1:
> swift stat
Account: AUTH_test
Containers: 5
Objects: 13
Bytes: 10404
Meta Key2: fugafuga
Accept-Ranges     : bytes
X-Timestamp: 1358492197.05102

メタデータ key1 がなくなったことが分かります。

-r/-w は ACLの設定をするオプション、 -t/-k は Container to Container Synchronization の設定をするオプションですが今回は省略します。

6. download コマンド

> swift download –all [options]
> swift download [options] container  [object] [object] …
    -o OUT_FILE, –output=OUT_FILE
    –no-download
    –marker MARKER
    –object-threads=OBJECT_THREADS

    –container-threads=CONTAINER_THREADS

オブジェクトのダウンロードをするコマンドです。
–all をつけるとアカウント全体のオブジェクトをダウンロードします。
コンテナ名を指定するとそのコンテナ以下のオブジェクトをダウンロードします。
オブジェクトを一つダウンロードするときは -o により保存先のファイル名を指定できます。

–no-download を指定するとオブジェクトのダウンロード処理は行いますが、データを保存しません。
アカウント、またはコンテナのダウンロードにおいて –marker を指定するとマーカー MARKER より後のコンテナ、またはオブジェクトだけが対象となります。
例えばコンテナ folder5 に以下のようなオブジェクトがあった場合を考えます。

> swift list folder5
aaa.txt
aaa2.txt
aaa3.txt
bbb.txt
ccc.txt
data64k.dat
ddd.txt

このfolder5 に対して以下のように –marker オプションをつけてダウンロードをします。

>swift download –marker aaa2.txt folder5
aaa3.txt [headers 0.016s, total 0.020s, 0.512s MB/s]
ddd.txt [headers 0.019s, total 0.022s, 0.474s MB/s]
bbb.txt [headers 0.029s, total 0.037s, 0.276s MB/s]
ccc.txt [headers 0.035s, total 0.038s, 0.266s MB/s]
data64k.dat [headers 0.039s, total 0.040s, 0.255s MB/s]

上記のようにマーカー文字列である aaa2.txt より後のオブジェクト名のオブジェクトのみがダウンロード対象となります。
残りの –*-threads はダウンロード実行時のスレッド数の設定になります。

7. delete コマンド

> swift delete –all [options]
> swift delete [options] container[object] [object] …
    –leave-sgements
    –object-threads=OBJECT_THREADS
    –container-threads=CONTAINER_THREADS

オブジェクト、コンテナを削除するコマンドです。

–all を指定するとそのアカウントのすべてのコンテナ、オブジェクトを削除します。

コンテナ名を指定すると、そのコンテナおよびコンテナ内のすべてのオブジェクトを削除します。

コンテナ名の後にオブジェクトを指定すればそのオブジェクトだけを削除します。

–leave-segments を指定すると分割オブジェクトについてはマニフェストファイルだけを削除しデータは残します。

–*-threads はダウンロード実行時のスレッド数の設定になります。

以上で swift CLI のコマンドについての説明は終わりです。

最後に

> swift –help


と実行すると、ヘルプが表示され、コマンドの一覧が記載されています。
また

> swift COMMAND –help

  と実行するとコマンド COMMAND についてのヘルプが表示されますのでコマンドの使い方を確認したいときに利用できます。

なおヘルプに –os-XXXXX というオプションの説明がたくさんでますが、こちらはKeystone 認証で使用するものです。

次回は Swift の API について説明したいと思います。

関連記事

day2_3

OpenStack Upstream Training in Paris 参加報告

by Ikuo Kumagai (@kumagai19o) Bonjuor. またご無沙汰して

記事を読む

no image

Ceilometer によるメータリング機能の導入 ~ Swiftによるオブジェクトストレージシステムの構築(11)

by You Yamagata 2013.10.18 (Swift関連の記事の一覧は 

記事を読む

no image

サーバ1台でのクラスタの構築 ~ Swiftによるオブジェクトストレージシステムの構築(2)

by yamagata 2013/1/21(Swift関連の記事の一覧はこちらをご覧ください)(1/

記事を読む

no image

Grizzlyの新機能(2) SLO ~ Swiftによるオブジェクトストレージシステムの構築(10)

by You Yamagata 2013.06.10 (Swift関連の記事の一覧は 

記事を読む

no image

OpenStackで使用可能なWindows10イメージの作成方法

ビットアイルの田波です。 久々の更新です。 今回はWindows10イメージをOpenStack上

記事を読む

top

HACK! THE Juju/MAAS

6/8~6/10まで幕張メッセで開催されたInterop 2016。皆さん参加されましたでしょうか。

記事を読む

IMG_0870

OpenStack Summit San Diegoに参加しています

by hasegawa 2012/10/16ビットアイル総研の長谷川です。10月15日(月)〜18日

記事を読む

Rally-benchmark-results-in-both-tabular-and-graphic-displays

コマンドラインからRallyを使いこなす

RallyはOpenStackのベンチマークツールです。概要については以前書いた記事で紹介しています

記事を読む

no image

LVM上にインスタンスを作成する

OpenStack 担当 石川です。 実際に自分が使うか使わないかは置いておき、気になったオプ

記事を読む

top

OpenStack API でSoftLayerを操作する “Jumpgate”

by Ikuo Kumagai (@kumagai19o) この記事はAdvent Calen

記事を読む

no image

ビットアイル総合研究所は、クラウド技術に関する調査&研究を通して、社会と会社に寄与していくことを目的に、ビットアイル・エクイニクスの企業内研究所として2011年8月に設立されました。

openstack-figure1-2x
COHO DataStream のCinder連携

OpenStack Cinder のストレージバックエンドとしてはCe

blog-ocata
Jujuで Ocataを含む様々なバージョンのOpenStack をデプロイする方法

祝OpenStack Ocata リリース!! ということで、早速デプ

newton
Juju Manual Cloud で OpenStack 環境構築

本当にご無沙汰しております。 この投稿はOpenStack Adve

top
HACK! THE Juju/MAAS

6/8~6/10まで幕張メッセで開催されたInterop 2016。皆

dpdk
OpenStack OVS VXLAN ネットワークの高速化

少し前の話になりますが、3月2日に開催された 日本仮想化技術株式会社様

→もっと見る

PAGE TOP ↑