*

OpenStack Summit San Diegoに参加しています

公開日: 最終更新日:2014/07/23  |  By  |  Cloud, Event, OpenStack

by hasegawa 2012/10/16

ビットアイル総研の長谷川です。
10月15日(月)〜18日(木)にかけて、米国のサンディエゴで開催されるているOpenStack Summit に参加しています。これから数回にわけて、現地からの速報を当ブログでお伝えしていく予定です。

当社としては、今回が3回目の参加になります。参加するたびにコミュティ活動が活発になっていくのをリアルに感じられます。今回からロゴも新しくなりました。

イベントの盛り上がりの雰囲気を、日本の皆様に少しでもお伝えできれば幸いです。

OpenStackSummitでは、オープンソースCloud OS として注目度の高いOpenStack のリリーススケジュールに合わせて半年の1回のペースで開催されています。

開発者やコミュニティ管理者、その他エコシステムを形成する企業関係者達が一同にそろい、今後のコミュニティの運営、開発手法、組み込んで行く技術・機能やOpenStackを利用したユースケースの共有など様々な事が議論されていきます。

 9月下旬に6番目のリリース、コードネーム 「Folsom」 がリリースされ、コミュニティも大きく成長しました。今回は、次期リリースの「Grizzly」の仕様策定・デザインを行うのが主な目的です。

今回のサミット参加者は、1,300 名を越える参加者が集い、どのセッションも人であふれかえっています。
 正確な数はわかりませんが、日本を含むアジアの国々からの参加者も以前に比べ増えていると感じております。 

これから4日間、プロジェクトごとにわかれ、それぞれのテーマに沿ったディスカッションが行われます。

 行われるセッションについては、以下のサイトから確認できます。
 http://www.openstack.org/summit/san-diego-2012/openstack-summit-sessions/ 

議論の内容については、etherpadに書かれたメモからも参照できます。
 http://wiki.openstack.org/Summit/Grizzly/Etherpads 

今日は、

・ネットワークソリューションを提供する「Quantum」
・課金の元情報となるメータリングプロジェクト「Ceilometer」
・PaaS ソリューションを提供する「Heat」 プロジェクト

などのセッションが行われました。
明日以降もプロジェクト単位でのセッションやOpenStackコミュニティ自体を紹介するプレゼンテーションなどが続きますので、引き続き現地からの速報をレポートしていく予定です。

関連記事

obj_pool_osd

Ceph アーキテクチャ 解説 (Ceph Clientによるデータの分割)

by kumagai(@kumagai19o) 2014/6/24 毎度ご無沙汰しています。ビ

記事を読む

Rally-Actions

OpenStack Rally入門

RallyはOpenStackのプロジェクトの一つです。OpenStackのベンチマークツールと簡単

記事を読む

no image

Swift のグローバルクラスタ (3) Icehouse 開発版でのテスト結果

2014.4.14 by You Yamagata 山縣です。 前回・前々回でグローバルクラスタ対応

記事を読む

welcome

OpenStack Summit in Paris (Day1)

by Ikuo Kumagai (@kumagai19o)   こんに

記事を読む

newton

Juju Manual Cloud で OpenStack 環境構築

本当にご無沙汰しております。 この投稿はOpenStack Advent Calendar 201

記事を読む

Rally-benchmark-results-in-both-tabular-and-graphic-displays

コマンドラインからRallyを使いこなす

RallyはOpenStackのベンチマークツールです。概要については以前書いた記事で紹介しています

記事を読む

oss_on_slshowcase

CentOS 6 から7へのアップグレード

この記事は OSS on SoftLayer Showcase  の OpenStack Juno

記事を読む

blog-ocata

Jujuで Ocataを含む様々なバージョンのOpenStack をデプロイする方法

祝OpenStack Ocata リリース!! ということで、早速デプロイして触ってみたいです。 前

記事を読む

no image

RDOを使用したOpenStack+MidoNet環境のインストール

ビットアイル総合研究所 田波です。 今回は以前紹介したRDOを使用して、OpenStack+M

記事を読む

horizon

OpenStack Cinder Multiple driver backends 機能を使ってみよう

by Hiroki Ishikawa OpenStack 担当、石川です。 Grizzly

記事を読む

no image

ビットアイル総合研究所は、クラウド技術に関する調査&研究を通して、社会と会社に寄与していくことを目的に、ビットアイル・エクイニクスの企業内研究所として2011年8月に設立されました。

openstack-figure1-2x
COHO DataStream のCinder連携

OpenStack Cinder のストレージバックエンドとしてはCe

blog-ocata
Jujuで Ocataを含む様々なバージョンのOpenStack をデプロイする方法

祝OpenStack Ocata リリース!! ということで、早速デプ

newton
Juju Manual Cloud で OpenStack 環境構築

本当にご無沙汰しております。 この投稿はOpenStack Adve

top
HACK! THE Juju/MAAS

6/8~6/10まで幕張メッセで開催されたInterop 2016。皆

dpdk
OpenStack OVS VXLAN ネットワークの高速化

少し前の話になりますが、3月2日に開催された 日本仮想化技術株式会社様

→もっと見る

PAGE TOP ↑